VICTOR ENTERTAINMENT ONLINE SHOP
  • ホーム
  • ドキュメント 日本の放浪芸

検索 | | VICTOR ENTERTAINMENT ONLINE SHOP
アーティスト:
小沢昭一
タイトル:

ドキュメント 日本の放浪芸

形式 / 品番:
アルバム / VICL-64450
発売日:
2015.12.09
価格:
¥16,000(税抜)
¥17,280(税込)
  • SOLD OUT  
豪華化粧箱
期間限定特典:ハイレゾダウンロード用シリアルナンバー、復刻盤発売記念特大プレゼント/LPサイズ・オリジナル解説書(56P)、「別冊 日本の放浪芸」(16P)、ボーナスCD付
録音年:1970~1971年
全136曲収録 495分26秒
小沢昭一

  • ドキュメント 日本の放浪芸

この画像を拡大する

  • facebook
<作品の特徴>
◎豪華化粧箱、LPサイズ・オリジナル解説書(56ページ)、LP紙袋風CDケースを、オリジナル発売当時のまま忠実に再現。
◎ボーナスCD「特別秘蔵音源集」として、未発表音源を初収録。
◎本編全てを初のハイレゾ化(ダウンロードシリアルナンバー付)。
◎初公開を含む、当時の貴重な資料や写真を多数掲載した、冊子「別冊 日本の放浪芸」付。

<付属内容>
●本編CD7枚(約7時間)+ LP紙袋風CDケース付
●LPサイズ・オリジナル解説書(56ページ)
●「別冊 日本の放浪芸」(16ページ)(「採録を振り返って」市川捷護、写真で綴る「日本の放浪芸」取材秘話、ほか)
●ハイレゾダウンロード用シリアルナンバー *有効期限:2016年12月8日
●ボーナスCD「特別秘蔵音源集」1枚(43分)

【収録曲一覧】
(Disc 1)祝う芸=万歳さまざま

●尾張(知多)万歳(愛知)=御殿万歳/門付の万歳 ●三河(西尾)万歳(愛知)=御殿万歳
●会津万歳(福島)=年始万歳 ●秋田(横手)万歳(秋田)=御門万歳/(付)ひとり万歳
●越前(野大坪)万歳(福井)=お家万歳/寿万歳/木やり万歳 ●加賀万歳(石川)=三番叟/お福の嫁入
●伊予(風早)万歳(愛媛)=柱ぞろえ ●伊六万歳(愛知)=御殿万歳/万歳芝居(忠臣蔵三段目)/こうこうづくし
●豊後万歳(大分)

(Disc 2)祝う芸=その他の祝福芸

●はこまわし彩訪(徳島) ●はこまわし(徳島)=荒神ばらい/三番叟まわし/えびすまわし
●大黒舞(徳島・宮城・山形・島根) ●門付芸採訪(香川)=お福さん/はりこま
●門付芸採訪(徳島)=せきぞろ/すったら坊主 ●福俵(山口) ●春田打(山形)
●春駒(新潟)=さまよ踊り/めでた踊り

(Disc 3)説く芸と話す芸=絵解の系譜・舌耕芸

[絵解の系譜]
●絵解(和歌山・神奈川・三重・奈良・長野)=安珍清姫(道成寺)/小栗判官照手姫(遊行寺)/冥途の旅日記
(教善寺)/当麻曼陀羅(当麻寺)/刈藁石童丸(往生寺)
●のぞきからくり(大阪)=不如帰/地獄極楽 ●錦影絵採訪(大阪) ●紙芝居(静岡)(付)立絵(東京)
[舌耕芸]
●話す芸いろいろ(京都・奈良・山形)=大仙院庭園説明/大峰山山伏唱文/羽黒山阿弥陀讃
●説教(愛知) ●辻咄(大阪) ●流しにわか(大阪) ●入れこみ噺(大阪)=東の旅
●修羅場講釈(東京)=太閤記・信長の最期

(Disc 4)語る芸=盲人の芸

●ごぜ彩訪(新潟)=門付唄/祭文松坂(葛の葉の子別れ) ●おく浄瑠璃(岩手)=牛若丸東下り/餅合戦
●早物語(山形)●いたこ採訪(青森)=猿賀神社いたこ口寄せ風景/おしら祭文(せんだん栗毛)/梓みこ
●肥後琵琶(熊本)天竜川/荒神ばらい(みそぎばら、六根ばらい、般若心経、岩戸びらき)玉代姫一代記/
餅酒合戦/チャリ

(Disc 5)語る芸=浪花節の源流

●浪花節(大阪)=木津勘助 ●浮かれ節(京都)=岩見重太郎 ●五色軍談(新潟)=越後伝吉
●浪花節むかしばなし(大阪) ●デロレン祭文(山形)=柳生二蓋笠/義士外伝 ●江州音頭(滋賀)=座敷音
頭(孝子まよいの印籠) ●阿呆陀羅経(大阪・愛知)SP レコードより/伊六万歳(阿呆陀羅経、東海道づくし)
●なみだ経(愛知) ●ほめら採訪(徳島)

(Disc 6)商う芸=香具師の芸

●東寺境内風景(京都)=端布や/家相/へびや ●見世物小屋呼込み(岐阜・静岡) =吸血女/けい娘
●洋服たたき売り(大阪) ●天王寺境内風景(大阪)=新案鍋売り/もぐさ売り/行者 ●縁日風景(東京)=易
者/手品/毛布や/バナナや/茶碗や ●競馬・競輪予想屋(東京・兵庫・千葉) ●演歌採訪(東京) =スカラ
ーソング/おどろきの世界/廓日記/金色夜叉

(Disc 7)流す芸=漂白の芸能

●音曲流し(徳島)=棚のへちま ●声色屋(東京)=鴈治郎/勘三郎/沢正 ●立琴流し(福岡)=あんこ可愛や
/無情の夢 ●円山公園花見風景(京都)=手踊り/太鼓流し/三味線流し/四ツ竹・尺八/法界屋(三味線・
立琴) ●角兵衛獅子(新潟) ●願人節(宮城) ●まかしょ(神奈川) ●厄はらい(茨城) ●太神楽(大阪)
●飴屋採訪(茨城=流し唄/端もの(春のはじめ)/段もの(石川五右衛門) ●飴売り唄(大阪)●金多豆蔵人
形芝居(青森) ●猿まわし(大阪)=まま子いじめ/金色夜叉 ●猿まわし採訪(山口) ●三曲万歳(愛知)=門
付け/あいならえ ●虚無僧(京都)

(Disc 8) ボーナスCD (43分)
特別秘蔵音源集−−−ナレーション抜き 実演そのままノーカット
●デロレン祭文 −−−〈山形〉
●ごぜ採訪 −−−〈新潟〉

【商品説明】
ドキュメント・レコードの金字塔!小沢昭一、畢生の四部作!
未公開音源の初収録、LP サイズ豪華資料の他、遂に本編がハイレゾ化!
豪華愛蔵版デラックス・エディション完全復刻!!
取材・構成・ナレーション=小沢昭一
昭和46年度 日本レコード大賞企画賞受賞
現代に新たに蘇る!「ドキュメント日本の放浪芸」

1971 年から1977 年までに発売された、
【 小沢昭一「ドキュメント 日本の放浪芸」 】
シリーズ全4 部作。小沢昭一が自らの足で日本各地を歩き、高度経済成長のさなか滅びつつあった放浪芸人による、門付け芸、大道芸、路上の商い、流し、香具師(テキヤ)、琵琶法師、僧侶による節談説教(ふしだんせっきょう)、ストリップ・・・などを約15 年の歳月をかけて現地録音した音源の数々。
時にユーモアを交えて、時に辛辣に語る小沢節のナレーションによって、単なる芸能発掘の記録ではなく、聴くエッセイのように愉しむことができる一代取材記ともなっています。
俳優として揺るぎない評価を得ながらも、生涯をかけて追求した“芸能の根源”が、この“放浪芸”であり、その研究の集大成が、この「日本の放浪芸」シリーズと言っても過言ではありません。

― すいせんの言葉 ―
芸術になってやらぬ芸能の系譜
郡司正勝(「日本の放浪芸」シリーズ監閲者/早稲田大学教授*1971年当時)

 野末に光る風、照る日曇る日、水辺を渉り、山坂を越えて、漂泊の芸能人たちは、平安朝の傀儡子の昔から、つい先ごろまで、永い旅をつづけてきた。
 古来、町や村の人々は、待ちどうしく彼らを喜び迎え、あるときは惧れ、あるときは軽侮して、これを送った。
 それらの芸は、いま人目につかぬ水辺や山畑に、あるいは巷間の小路に逼塞して、いまや最後の息を引きとろうとしているのである。
 巡ってくるはずの芸能が、やってこなくなって久しい。業を煮やした小沢昭一は、職を投げうって、こんどはこちらから全国を駆けめぐらなければならなかった。こうしてここに収録された巷間芸能のかずかずのうちには、その芸能の命脈の最後のどたん場に立ちあったものも多いはずである。
 日本の演劇史に脱落した、芸術になってやらぬ芸能の系譜が、ここに見事に集められている。それらの庶民の生活とかかわってきた、そして消えてゆく前に、その地下水の音をいま聞いてみることができるのは、小沢昭一のお陰である。(1971年)


<小沢昭一プロフィール>
昭和4年(1929年)4月6日 - 平成24年(2012年)12月10日。麻布中学時代、フランキー堺、加藤武らと同級生。早稲田大学卒業。新劇、映画、テレビ、ラジオと幅広く活動し、今村昌平監督作品『「エロ事師たち」より 人類学入門』を始め数々の演技賞を受賞する一方で、民衆芸能の研究にも力を注いだ。著書多数。TBSラジオ「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の放送は約40年間におよぶ。平成6年(1994年)春、紫綬褒章受章。平成17年(2005年)「俳優としての業績、及び日本の大道芸、放浪芸を記録・再評価した功績」として朝日賞受賞。

<小沢昭一のドキュメント「日本の放浪芸」復刻盤発売記念特大プレゼント!>

①全4セットご購入の方に、完全未発表音源をもれなくプレゼント!
<収録内容> 新劇寄席『とら』(約34分)
「日本の放浪芸」の原点となったと言われる小沢昭一 幻の一人芝居となる音源を初公開。(昭和41年(1966年)芸術祭奨励賞受賞)

②さらに、いずれか1セットお買い上げの方にも、抽選で1000名様に各巻の聴きどころを凝縮した、特別ハイライト盤CDをプレゼント!

詳細は、商品内の案内を御覧ください。