VICTOR ENTERTAINMENT ONLINE SHOP
  • ホーム
  • ドキュメント 又 日本の放浪芸

検索 | | VICTOR ENTERTAINMENT ONLINE SHOP
アーティスト:
小沢昭一
タイトル:

ドキュメント 又 日本の放浪芸

形式 / 品番:
アルバム / VICL-64458
発売日:
2015.12.09
価格:
¥12,000(税抜)
¥12,960(税込)
  • SOLD OUT  
豪華化粧箱
期間限定特典:ハイレゾダウンロード用シリアルナンバー、復刻盤発売記念特大プレゼント/LPサイズ・オリジナル解説書(50P)、「別冊 又 日本の放浪芸」(12P)、ボーナスCD付
録音年:1972~1974年
全61曲収録 264分24秒
小沢昭一

  • ドキュメント 又 日本の放浪芸

この画像を拡大する

  • facebook
<作品の特徴>
◎豪華化粧箱、LPサイズ・オリジナル解説書(50ページ)、LP風紙袋CDケースを、オリジナル発売当時のまま忠実に再現
◎ボーナスCDとして未発表音源を初収録
◎本編全てを初のハイレゾ化(ダウンロードシリアルナンバー付) 
◎初公開を含む当時の貴重な資料や写真を多数掲載した冊子「別冊 又 日本の放浪芸」付

<付属内容>
●本編CD5枚(約4時間)+ LP風紙袋CDケース付
●LPサイズ・オリジナル解説書(50ページ)
●「別冊 日本の放浪芸」(12ページ)(「採録を振り返って」市川捷護、写真で綴る「日本の放浪芸」取材秘話、ほか)
●ハイレゾダウンロード用シリアルナンバー *有効期限:2016年12月8日
●ボーナスCD「特別秘蔵音源集」1枚(34分)
●昭和48 年度 芸術選奨受賞
(LP オリジナル盤:1972~73 年録音/1973 年発売 CD 復刻盤:1999 年12 月16 日発売)

【収録曲一覧】
(Disc 1)

・天王寺境内彼岸風景
●境内風景 ●もぐさ売り ●家相説明 ●のぞきからくり
*浪越繁信氏インタビュー=自由なくらし/露店のはじまり/神農さんが祖神、香具師の由来
・まつりの露店さまざま
●貯金箱売り ●瀬戸物売り ●易者口上 ●のこぎり売り ●コミセ(風船・おもちゃ) ●サンズン(下着・
指人形) ●コロビ(万能野菜切り器) ●中ジメ(ハサミ) ●大ジメ(薬草の本) ●氷屋・風鈴売り・虫売り
*浪越繁信氏インタビュー=香具師の人口/香具師の弁舌/香具師の種類=1.コミセ 2.サンズン 3.コロビ
4.中ジメ 5.大ジメ ※取材地=大阪(四天王寺)、京都(東寺)、福岡(箱崎)、富山(井波)、東京(巣鴨・深川)

(Disc 2)行者うち競演

●行者うち口上(その1・その2)
*浪越繁信氏インタビュー=大ジメのいろいろ/大ジメの名人たち ※取材地=大阪(四天王寺)

(Disc 3)大ジメ

●へびの大ジメ口上
*浪越繁信氏インタビュー=マキ(ヘビ)の名人/万年筆の職人ぶち/漂白の渡世
※取材地=大阪(天王寺動物園附近)

(Disc 4)見世物小屋

●見世物を訪ねて ●タカマチ風景 ●テント張り風景 ●テント内食事 ●麻雀しながら話を聞けば
●コモノ呼び込み口上 ●見世物の話(口上の種類・見世物いろいろ) ●見世物演芸口上 ●祭風景
*浪越繁信氏インタビュー=七尺の大イタチ
※取材地=福島(郡山)、福岡(箱崎)、青森(弘前)

(Disc 5)

・街の流し
●ギター流し ●バイオリン演歌流し ●三味線流し
*浪越繁信氏インタビュー=流しも香具師傘下
・花見の流し
●虚無僧 ●三味線流し ●浪花節流し
※取材地=東京(新宿)、青森(弘前)

(Disc 6)ボーナスCD(34分)
特別秘蔵音源集−−− 完全未公開 口上そのままノーカット (本編とは別の大ジメ師による口上です)
●へびの大ジメ口上 −−−〈京都〉

【商品説明】
ドキュメント・レコードの金字塔!小沢昭一、畢生の四部作!
未公開音源の初収録、LP サイズ豪華資料の他、遂に本編がハイレゾ化!
豪華愛蔵版デラックス・エディション完全復刻!!
取材・構成・ナレーション=小沢昭一
昭和48年度 芸術選奨受賞
現代に新たに蘇る!「ドキュメント日本の放浪芸」

1971 年から1977 年までに発売された、
【 小沢昭一「ドキュメント 日本の放浪芸」 】
シリーズ全4 部作。小沢昭一が自らの足で日本各地を歩き、高度経済成長のさなか滅びつつあった放浪芸人による、門付け芸、大道芸、路上の商い、流し、香具師(テキヤ)、琵琶法師、僧侶による節談説教(ふしだんせっきょう)、ストリップ・・・などを約15 年の歳月をかけて現地録音した音源の数々。
時にユーモアを交えて、時に辛辣に語る小沢節のナレーションによって、単なる芸能発掘の記録ではなく、聴くエッセイのように愉しむことができる一代取材記ともなっています。
俳優として揺るぎない評価を得ながらも、生涯をかけて追求した“芸能の根源”が、この“放浪芸”であり、その研究の集大成が、この「日本の放浪芸」シリーズと言っても過言ではありません。

― すいせんの言葉 ―
日本語が戻ってきた 井上ひさし(作家)

かつて浅草のストリップ小屋に奉職していたころ、暇があれば六区から一区まで隈なく歩きまわり、香具師たちの姿を探すのを日課にしていた。そして、彼等を見つけるとその前に時間の許すかぎり坐りこみ、そのタンカに聞き惚れた。台本もなく装置もなく、そして照明の力もかりずに、彼らはただ声だけで、言葉だけで、行きかう人々の足を引き止め、引き付け、捕虜にした。あのとき、わたしはほんとうの日本語を聞いていたような気がする。そして、そのたびに日本語を常用とする国に生まれたことを誇りに思ったものだ。
その、ほんとうの日本語が、いま小沢昭一氏の努力によってよみがえろうとしている。香具師たちが、そして日本語が戻ってきたのだ。(1973年)

<小沢昭一プロフィール>
昭和4年(1929年)4月6日 - 平成24年(2012年)12月10日。麻布中学時代、フランキー堺、加藤武らと同級生。早稲田大学卒業。新劇、映画、テレビ、ラジオと幅広く活動し、今村昌平監督作品『「エロ事師たち」より 人類学入門』を始め数々の演技賞を受賞する一方で、民衆芸能の研究にも力を注いだ。著書多数。TBSラジオ「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の放送は約40年間におよぶ。平成6年(1994年)春、紫綬褒章受章。平成17年(2005年)「俳優としての業績、及び日本の大道芸、放浪芸を記録・再評価した功績」として朝日賞受賞。

<小沢昭一のドキュメント「日本の放浪芸」復刻盤発売記念特大プレゼント!>

①全4セットご購入の方に、完全未発表音源をもれなくプレゼント!
<収録内容> 新劇寄席『とら』(約34分)
「日本の放浪芸」の原点となったと言われる小沢昭一 幻の一人芝居となる音源を初公開。(昭和41年(1966年)芸術祭奨励賞受賞)

②さらに、いずれか1セットお買い上げの方にも、抽選で1000名様に各巻の聴きどころを凝縮した、特別ハイライト盤CDをプレゼント!

詳細は、商品内の案内を御覧ください。